A0A773B0-7B56-4974-AF16-CDABE09522C8.JPE

トンガリーズ顧問:森田鉄平

1988年3月27日生まれ。京都府京都市出身、神奈川県秦野市在住。大学1年生のときに悪性リンパ腫(ガン)を患い闘病生活を送る。その経験から、「人の心に生き続けられる職業に就きたい」と教員を志す。今年で教員生活も12年目。今から3年前、教員の自己犠牲のもとに成り立つ現場のあり方に疑問を感じ、「教育のあり方」を真剣に考えるように。

そんな課題意識から、外の世界に目を向けるようになり、経営大学院に通い始め、地域で子どもたちの可能性を広げる社会活動を行うようになる。

行政・民間・市民団体の交流の場を企画したり、地域の子どもたちに様々な職業の学びを提供したりした。教え子である生徒たちと「トンガリーズ」を立ち上げたのも同時期。

​子どもたちが「自分の将来に期待できる未来」を地域に創っていくこと、学校教育の中で教員のあり方を面白くしていくことが自分の使命。生き方はもっと多様であっていい。

チャレンジが賞賛される世界を、失敗を共に笑ってくれる仲間を。「全ての可能性ある子どもたちに」。

運命よ、そこをどけ、俺が通る。

とあるバスケットボール選手が残したこの言葉。

 

ここから、君は何をイメージしますか。

 

「自分の未来は変えられない。」

そんな風に思ってはいないですか。

 

可能性溢れる君に、そんなことは絶対に言わせない。

 

誰だって、自分の未来は変えられる。

でも、誰かが君の未来を面白くしてくれるなんてことはありえない。

自分の望む未来は、自分にしか創れない

 

だから、もし君がいまに満足していないのなら「やるしかない」し「動くしかない」。

 

そんな簡単にできることではないと君は言うかもしれない。

なぜなら多くの高校生は忙しいからだ。

 

学校に部活動。

学校行事やバイト。

塾や友達との付き合い。

 

「できない」と言うにはちょうどいい常套句が用意されている。

こんなにもちょうど良い理由を使わない手はない。

 

海外を訪れたり、他県の同世代と交流したり、誰もが驚くようなことを成し遂げてみたりすることは、君に勇気がないのではない。単純に忙しいのだ。と。

 

そう自分に言い聞かせていないだろうか。

 

忙しくてできない、なんてことがあるわけない。

やろうとしない君がただそこにいるだけだ。

 

君が持つ可能性は計り知れない。

しかし、チャレンジしなければ、自分の可能性が見えてくるはずがない。

誰かにできて、君にできない。」なんてことがあるか

 

君はこれからいくつもの苦しさや不安、悲しさと向き合うことになる。

 

だからこそ、覚えていて欲しい。

どんな時も、自分の道を切り拓くことができるのは「自分だけ」だと。

 

10年後、君の生きる毎日が笑って過ごせる毎日であって欲しい。

自分は価値ある人間だと思っていて欲しい。

 

正直、未来を変えられるかどうかはやってみなければ分からない。

けれど、君のいまは間違いなく変えられる

 

一歩踏み出すなら早い方が良いし、人生はもっと面白おかしく生きた方が良い。

人と違う生き方が、必ず君を救う武器になる。

 

考え方としては間違っている。

が、勝ち方としては正しい。

 

そんなトンがった生き方をしよう

自分の人生の責任を取れるのは、自分だけ

 

君の勇気ある”一歩”を待っています。

 

森田 鉄平